新潟不動産売買・買取おすすめ比較5選

不動産売買における「購入」「売る」のメリットデメリット

不動産売買における「購入」「売る」のメリットデメリット

不動産売買とは

不動産売買とは、物件を不動産会社が買い取る不動産買取とは違い、不動産会社などが物件を売りたい人と買いたい人の仲介に入る形を言います。

また、物件を売るだけではなく、物件を購入したい場合も含めて不動産売買と呼びます。

不動産購入流れ

物件を購入したい場合は、まず自分の理想とする物件の情報を整理しましょう。次に、不動産会社に足を運んだりインターネットで空き物件などの情報を入手します。その後実際に不動産会社に仲介を依頼して、購入申し込みをしましょう。

その後住宅ローンの事前審査を受けます。これが通らないと次のステップへは進めません。審査に通ったら、細かな打ち合わせや契約書の確認があります。納得した上で契約を結びましょう。契約後住宅ローン申し込みを正式に行い、ローン契約を結びます。全ての工程が済み次第、引き渡し・入居を行い完了です。

不動産売る流れ

物件を売りたい場合の一般的な流れについてご紹介します。まずは、物件の周辺相場などの情報を収集しましょう。次に、パートナーとなる不動産会社を探します。物件価格の査定を依頼し、納得した上で不動産会社に仲介を依頼します。

不動産会社の方で、不動産情報を売り出し購入希望者が見つかり次第、購入希望者と交渉します。その後購入希望者と売買契約を結びましょう。契約完了後、不動産を引き渡し終了です。