新潟不動産売買・買取おすすめ比較5選

新潟で不動産を売却するときの流れ!動きを知ってスムーズに売却

新潟で不動産を売却するときの流れ!動きを知ってスムーズに売却

まずは売りたい不動産の見積もりを依頼

不動産を売却しようと思ったとき、最初にすることは不動産会社に査定依頼をすることです。査定額は不動産会社によって差があるので、相場観を知るために複数の不動産会社に査定依頼を行いましょう。

1社ずつ問い合わせをしていくのは大変なので、依頼は一括査定サイトを利用するのがおすすめです。査定依頼したら、業者から連絡が来るのを待ちましょう。

3タイプの契約手法から売るための契約を選ぶ

媒介契約には一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3タイプがあります。大きな違いは、物件の売却を依頼できる不動産会社の数です。一般媒介契約は複数の業者と契約できるので売主に有利に思えますが、業者が熱心に営業活動をしてくれない可能性もあるため、一般的には専任系の契約が良いと言われています。

それぞれの違いを理解し、売却の目的に応じた契約を選びましょう。

売り出しスタート|場合によっては価格交渉もありうる

売り出し価格は価格交渉を見越して、高めに設定しておくのが基本です。売り出し前にいくらまでなら値下げできるのか、売却の目的や目標とする時期などを不動産会社とよく話をしておくと、実際に問い合わせがあったときにスムーズに話を進められるでしょう。

売り出してしばらくしても反響がないようなら、売り出し価格を再考することもあります。

最後は決済&引き渡し

契約手続を締結したら、決済日と引き渡し日を決めます。買主が住宅ローンを利用する場合、決済日と引き渡し日は同じ日であることが多いでしょう。ほとんどのケースで、買主が住宅ローンを利用する銀行で決済と引き渡しを行います。

現金一括払いの場合には、それぞれ別の日程が設定されることもありますが、一般的には買主の都合が優先されます。