新潟不動産売買・買取おすすめ比較5選

新潟での不動産売買!物件を売るならどの時期がおすすめ?

新潟での不動産売買!物件を売るならどの時期がおすすめ?

売却に適した時期は新年度前の引っ越しシーズン

不動産を売るなら、人が動くシーズンを狙いましょう。1年で最も人が動くのは、新年度が始まる前の2〜3月です。中古物件の購入を検討している人の多くが新しい学年が始まる前に決めなければ、と動き始めます。不動産市場も年明けから徐々に問い合わせや内覧が増えていきます。

問い合わせは1月後半移行徐々に増えていくので、12月には売り出しを始めておきましょう。

周辺の再開発が進んでいる時期も狙い目

売り時を判断するもう1つのタイミングは、そのエリアで再開発が進んだときです。再開発が成功すると、その周辺エリアは一気に土地の価格が上昇します。川崎の武蔵小杉は再開発で地価が上昇した良い例でしょう。大型商業施設やタワーマンションができたことで、人気のエリアになりました。

人気のエリアの不動産は高値で売れるので、売却を考えるなら再開発が進んだ後がおすすめです。

不動産の評価が落ち切る前に売るのも重要

マンションや一戸建ての売却時期は、築年数も考慮に入れましょう。不動産は「新しいほどきれいで住みやすい」というイメージが定着しているため、不動産の価値は築年数が経つにつれて下がっていきます。

築16〜20年を迎えると、成約価格がガクッと下がりますので、できるだけ高値での売却を希望するなら、築15年以内に売るのが良いと考えられています。

業者と相談しながら最も高い値段で売りましょう

不動産には売りやすい時期がありますが、必ずしも時期だけが物件の売却を決めるわけではありません。どんな物件も買手がつけば売れるものだからです。

しかし、売れにくい環境で売るにはそのための工夫が必要になります。物件を早期に売却するには、物件の価値を上手にアピールしてくれる不動産会社を見つけるのが近道と言えるでしょう。