新潟不動産売買・買取おすすめ比較5選

新潟での不動産売買におけるトラブルに注意|業者の評判は大切な判断材料

新潟での不動産売買におけるトラブルに注意|業者の評判は大切な判断材料

知らされていない項目が契約書に紛れているトラブル

不動産の売買で業者とトラブルになることの1つは、仲介手数料を支払うタイミングです。支払うタイミングをしっかりと確認していないと、顧客と業者との間で認識の違いが生じてトラブルになることがあります。

また、解除になった契約で仲介手数料を支払うべきかでトラブルになることも。媒介契約を結ぶときに確認しておくのがおすすめです。

当初聞いていた額よりも支払い額が変わるトラブル

物件の売却後に起こるトラブルには、瑕疵担保責任の問題があります。売却した不動産に何らかの欠陥があったとき、売主は売却後もその補修費用などの負担をしなければならないというものです。売却後に雨漏りなどの欠陥が見つかり、十分な補修を行わないと売却代金の減殺が行われることもあります。

契約書は業者が作成するものですが、任せきりにせず、全体に目を通しておくと良いでしょう。

媒介契約を勝手に更新されるトラブル

専任媒介と専属専任媒介契約には契約期間の決まりがあります。契約期間は3ヶ月以内とされているので、契約を更新するには売主からの申し出が必要です。契約期間が過ぎたら契約を解除することもできます。

契約の解除または更新は電話でもできますが、後々のトラブルを防ぐために形に残る書面でのやりとりをおすすめします。